これからはブラーバが、ぞうきん掛けのあとの、素足で気持ちいい床にしてくれます

140701_braava_top.jpg

ぞうきん拭きの「スッキリ!」が欲しい!

フローリングの床掃除と言えば、掃除機でぶいーっとやるとか、スティックの先にシートを取り付けてさーっと拭くのが一般的。さいきんはあまりないかもしれませんが、学校のながーい廊下の床を「よーいどん!」で競争しながらぞうきん掛けした方も多いのではないでしょうか。僕もやりましたよ。あれ終わったあと筋肉痛になって大変でした。

でも、やっぱり拭き掃除をした床って素足で歩くと気持ちいい、さっぱりスッキリするんですよね。

今日、その拭き掃除を自動でやってくれるロボットが国内発表されました。セールス・オンデマンドがアイロボットの床拭きロボットブラーバ(braava)」の国内販売を発表したんです。アイロボットはお掃除ロボットのルンバで有名ですよね。

床拭きロボットの「ブラーバ」は、その名前のとおり床を拭き掃除してくれるロボット。フローリングなどの固い床を水拭きするウェットモードと、から拭きをするドライモードで僕らの部屋の床をきれいにしてくれます。から拭きまでやってくれるなんてかなり掃除を助けてくれそうです。

140701_braava_01.jpg

それから、ブラーバはルンバと同じように自動で掃除をして、すべての掃除が終わったら自動でスタート地点に戻ります。う〜ん、健気。健気に黙々と掃除をする様子を見ているとブラーバが愛らしく見えてきたりするかもしれませんね。ルンバのいいところをブラーバも持ってるんです。ただルンバのような充電ドッグは用意されていないところがちょっとだけ残念かも。

価格は3万3000円(税別)。7月4日から国内のアイロボットストアで発売されます。拭き掃除までロボットがやってくれるようになって、ロボットがどんどん身近に、実用的になってきていますね。

source: iRobot

(鈴木康太)