近い将来、ChromeでVRなネットサーフィンができるように

近い将来、ChromeでVRなネットサーフィンができるように 1

Chromeもどんどん3次元方向に進化しています。

グーグルのBrandon Jones氏によれば、ChromeのWindowsヴァージョンとOS X ヴァージョンにおいて、WebVRをサポートすることが明らかに。例えばヴァーチャルリアリティのヘッドセッド、Oculus Riftや、Google Cardboardもサポートされるということですよ。

今すぐChromeユーザにとって恩恵を受けることはそんなに無いけれど(ましてやEメールをチェックしたりお気に入りのサイトを巡回している時に3Dの正方形がくるくる回るようなことはない)、ChromeのWebVRサポートは、近い将来のブラウザでのヴァーチャルリアリティ体験への道を開くものになります。

ECサイトの商品が、Chromeの機能だけであらゆる確度から見ることができるようになったり、よりリッチなウェブサイトが増えていくでしょう。

source: TojiCode via Engadget

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(mayumine)