時計なのに時間を忘れそうな壁掛時計「Dancing Wall Clock」

働く日々は、まるで振付のない混沌としたダンスを踊っているようなもの。そんな感覚に陥ったことがあるなら、この優雅な壁掛け時計は5時がやってくるのを待つ間、心に平穏をもたらしてくれることでしょう。

Dancing Wall Clockの針はバレリーナの身体に置き換えられ、純白の空間で優雅なポージングとピルエットを絶えることなく披露しつづけてくれます。

時計の土台には固いタモ材を、繊細なバレリーナにはガラス素材を使用。価格は2万円を超えますが、室内の機能的なアクセントとしてだけではなく、アート作品と考えればそう高くないかもしれません。少なくとも、地元のバレエをシーズンパスで観るのに比べたら相当安いですよね。

140728dancing-wall-clock_02.jpg

source: Klein & More via designboom

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)