F-35がエンジン発火、英米全機が(また)飛行停止に

F-35がエンジン発火、英米全機が(また)飛行停止に 1

やっぱり駄作だったのか…。

今一番ホットな総合攻撃戦闘機F-35が燃えたのを受け、米国防省は3日(米時間)、調査終了まで米・英が保有するF-35全機を飛行停止にする命令を下しました。

全機飛行停止はギズが把握してるだけでも、これで8回目。あまりにもしょっちゅうなので、もはや全部数え切れているのかどうかも曖昧です。

6月中旬には、独立記念日(7月4日)に華々しくデビューする予定だった新型F-35Bがオイル漏れで飛行停止となりました。

やっと検査が終わって不良品3機を除く全機を現場復帰させ、ヤ~レヤレと思ったのも束の間。6月23日には空軍仕様のF-35Aがフロリダのエグリン空軍基地で離陸時に出火…です。

詳細は不明だったのですが、ロイターが情報筋複数名からスクープした話によると、下旬の事故はプラット・アンド・ホイットニーが納品したF-35各モデル共通のF135エンジン第3段で起こったものらしく、なんでも「エンジンで飛行機の天井に穴が貫通した」のだそうですよ?

滑走路からは長さ6フィート(180cm)のデブリも回収されました。「180cmってパイロットが落下したんじゃないのか?」というも韓国のネットユーザー(日本は42機、韓国も40機購入予定)から出ていますが、パイロットは脱出して無事とのことです。

F-35は開発調達に3,986億ドル(4兆円)を投じた米軍史上最大の兵器プログラムです。

7月4日にはイギリス軍最新空母の命名式で飛び、11日、14日にはイギリス国内2ヶ所の航空ショーで飛んで、海外デビューを果たす予定だっただけに、政治家のメンツは丸潰れ。

ショーに出る5機のうち米軍の4機はメリーランド南部に待機させており、アメリカ海兵隊は大西洋横断させる気満々なんですが、残り1機の英軍機はまだフロリダに残留です。イギリスはアメリカより法律が厳しくて、仮に飛行許可を出して万が一何かあった場合には、許可を出した軍のオフィサー個人が訴えられるので、もっと厚い情報提示が必要らしいんですね。

ロイターの情報筋によると、検査にかかる時間は1機約90分で、今は米英共同で1刻も早く検査を終わらせるよう死力を尽くしてるところだそうです。

related: 事故原因の焦点はF135エンジン第三段タービンへ

source: Reuters, 日本版

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(satomi)