まだ雑務で消耗してるの? イケダハヤトさんも採用する全自動クラウド経理とは?

Sponsored

140717_freee.jpg

おっ。イケダさんも使ってるんだ。

フリーランスのみなさん、中小企業のみなさん。毎日、毎週、毎月、毎年。どのくらいの時間を経理・雑務に消費していますか?

「うーんっと…。」

と長考した方は、ひょっとしたらあまり効率的に時間を使えていなかったり、経理作業を貯めこんじゃっていたりしているのではないでしょうか。そんな方は経理作業へのアプローチを見直すべきなのかもしれません。

140714_fre01_re.jpg

アプローチの方向はいくつかありますが、その中でも特に注目したいのがクラウドで使える点が現代のニーズにマッチしている「クラウド会計ソフト freee(フリー)」。

freeeはブラウザでアクセスできるクラウドアプリであるため、WindowsでもMacでもOK。スマホやタブレットにもアプリ(App Store, Google Play)が提供されています。幅広い環境で使うことができるんです。これだけでMacユーザーはおおっ!となるかもしれませんが、さらに驚くべき魅力があります。それが「全自動」という点。

freeeでは、銀行やクレジットカードを登録しておくことで、全自動で会計帳簿を作成してくれるんです。そう、あなたに代わってこのクラウドが!

だから経理や簿記の知識は無くてもOK。もう口座の明細と請求書、納品書とにらめっこしながら電卓をパチパチ叩かなくても済みますし、面倒な経理の時間を大幅に短縮できる、全個人事業主が渇望するであろう、最新の全自動クラウド会計ソフトです。

イケダハヤトさんがfreeeを愛用中

このfreeeの魅力を的確に伝えられる人は居ないだろうか? しばらく頭をひねっていたのですが、ギズとも交流のあるとある方が愛用者であるとの情報をキャッチしました。

それは、今年の4月1日、エイプリールフールの『「ギズモード」が「イケダモード」に突入します』のときにご協力いただいたイケダハヤトさん。実はfreeeを愛用中であるとのこと。

イケダさんといえば有名な人気プロブロガー。つい先日は、家族で東京から高知への移住を遂げ、ブログタイトルも「まだ東京で消耗してるの?」と変更。話題のニュースを拾いつつも、高知ラヴな記事も織り交ぜるブログを運営し、広告収入とアフィリエイトによる収入で生計を立てているプロブロガーであり、個人事業主です。

しかし、なぜ高知に引っ越したのか? この質問にイケダさんは、

東京の暮らしにうんざりした、というのは大きいですね。特に子どもが生まれてからは、家賃は高いわ、保育園には入れられないわ、うんざり度が上がりまして…。

とのこと。まぁ、確かに都内は住みやすいかと言われたらそうでない気もします。群馬県在住な僕が言える立場ではありませんが。

イケダさんは貯めこむ人だった

ブログをチェックする限り、高知に住んでからはすごく快適でフリーダムで、爽快な日々を送っているようでなにより。でも、すべてが快適でパラダイス!というわけではないようで、やはりうんざりすることもあるようです。

それが経理の問題。個人事業主である以上、時には経理や事務なども自分でこなす必要があります。イケダさんいわく

「経理」とか「事務」とか聴くだけでじんましんが出そうです。レシートとかこんな感じですからね。娘が時折おもちゃを入れたりするんで、もう何だかゴミ箱同然です。

140714_fre02.JPG

あらら。

それから、イケダさんは経理作業を貯めこんじゃう人のようで、こまめにやりたくないから、これまではさまざまな失敗もあったよう。一部を抜粋すると…

・口座のオンライン明細が過去4ヶ月しか照会できずに年度前半の経費計上を諦める。

・請求書の入金管理を放置していたら、10万くらい入金されていなかった。

・その事実に1年後くらいに気づいて、すごく慌てる。

・請求書の形式をミスり、訂正したものが更に間違えてのやりとりを4回やり直す。

この人は経理を雇ったほうがいいんじゃないだろうか…。という老婆心も生まれてきます。

イケダさんが「freee」に出会って変わる

高知に移住したからといって、うんざりするような経理は引き続きこなさねばならぬわけですが、「freee」に出会ったことで、そのうんざり度はかなり軽減されたようです。

導入の動機は「Macで確定申告ができる」というところであったようですが、使ってみたところじんましんが出るような経理作業にさまざまな革命が起こった!とのこと。とくに目玉機能のひとつ、全自動経理機能については、

もう感動ですよ! 今までは手作業で銀行口座、クレジットカードのデータをダウンロード&印刷して打ち込んでいたんですよ。なんでデジタルのものをアナログに直すんですか。まったく意味がわからない。そこがfreeeでしたら、自動で口座と同期して、帳簿に入力されて、仕訳までされちゃう。感動するに決まっていますね。

140714_fre03.jpg

なるほど、言われてみれば確かに効率的です。なお、イケダさんはfreee導入により、確定申告の作業が確実にスピードアップしたとのこと。クラウドで使えるため、場所・環境問わず利用できて、データ保存も安全という点も評価しているようです。

イケダさんが「freee」を薦める理由とは?

では、freeeはどんな人におすすめなのか? 訪ねてみました。

月次の損益計算を自動でやってくれるので、経営分析を行ないたい人。月末、年度末の経理が面倒で仕方ない人は使ってみて損はないでしょう。あと、「Macでいい経理ソフトがない!」と未だに嘆いている情弱な人は今すぐ使うべきです。

140714_fre03a.jpg

これは手厳しい意見。かくいう僕も同じ悩みを抱いていたひとりです。

ここでイケダさんにしか聞けない質問をしてみます。

freeeを導入すれば、もう雑務で消耗するといったことはなくなると言い切れますか?

ケースバイケースだとは思いますが、うちはかなり消耗しなくなりましたね! あとは紙のレシートが毎年アホみたいに溜まってしまうので(いや、毎月整理すればいいんですが…。)、この課題を解決できると完璧です。ドサッとfreeeに送ると全部入力してくれる、とか。

当初から訴えている「快適度は確実に上がる」という意見にブレはないようです。「貯めこんじゃってるのを何とかして欲しい」という課題に関しては…。まぁ、「貯めこみ癖を何とかしましょう」って感じで。

しかし、全自動での帳簿付け、クラウドでの管理・編集、環境問わず利用可能、確定申告も簡単。と、確かにfreeeの死角は見当たりません。

140714_fre04.jpg

「でもお高いんでしょう?」ってなりますが、いいえ。これが意外とそうでもないんです。

プランは3種類で、ライトに始められる「無料プラン」、青色申告対応で月額980円(税込)の「個人事業主プラン」、会社法準拠の決算書が作れて月額1,980円(税込)の「法人プラン」があります。これ、冷静に考えてすごく安いですよね。

面倒な雑務や経理で無駄な時間を消耗する日々。そんな生産性の落ちるような事態は今、この瞬間でもう終わりにしませんか? これからの経理は全自動でクラウドの時代ですよ。

top image by shutterstock

source: freee

(小暮ひさのり)