グーグルのスマートコンタクトレンズがついに実現するかも

グーグルのスマートコンタクトレンズがついに実現するかも 1

グーグルのスマートコンタクトレンズってありましたよね。この度スイスの巨大製薬会社ノバルティスとのライセンス契約により、ついに実現への道が見えてきたんです。

2社の共同発表によると、ノバルティスはグーグルの技術ライセンスを得ることで、糖尿病患者のための特殊なコンタクトレンズを作るとしています。この新しいコンタクトレンズは以前からも言われていたように、リアルタイムに目の涙に含まれている血糖値を計測できます。そのデータを無線でスマートフォンに送信することで、ユーザは簡単に今の状態を確認できるんです。

またノバルティスは血糖値レベルの計測以外にも、メガネ無しでは読むことができない老視の治療技術や、さらにはこのレンズを目に直接埋め込むような技術も考案しているといいます。目に埋め込むってかなり痛そうですけど、糖尿病管理や老視に悩まなくて良いと思えばやすいものなのかも…。

とはいえ、実現できたところでFDA(アメリカ食品医薬品局)の承諾を取る必要があるなど、まだまだ乗り越える壁はたくさんあります。でも、このノバルティスとの提携は大きな一歩でしょう。

Google Glass自動運転車のように、Google Xのプロジェクトが現実になりそうですね。

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(徳永智大)