グーグル「ごめん、やっぱGoogle+の実名縛りやめる」

140716googleplus.JPG

だって期待したようなユーザが集まってくれないんだもん。

これまで、実名での登録を必須としてきたGoogle+2013年11月からはYouTubeのコメントにもGoogle+アカウントの接続が要求されるようになり、いっそう多くのユーザがこのルールに不満を漏らしていました。

しかし、その縛りがとうとうなくなり、好きな名前で登録できるようになりました。

2011年6月にGoogle+が開始されて以来、いわゆる「不適切な発言」が氾濫することを抑制する目的で守られ続けてきた実名ルール。しかしこの縛りがアダとなって、まじめにコメントするユーザは本名での活動を控え、モラルの低いユーザが残ってしまう結果となってしまったと言われています。

確かに、「普通にコメントするのだから、実名で活動したって恥ずかしくないはず。むしろ適切でない書き込みをするユーザのほうが特定を恐れるのでは」と考えた当初の気持ちも分かりますが、残念ながら思惑通りにはならなかったということなのでしょう。

2012年1月には旧姓の追加とニックネームの使用を認めましたが、やはり実名での登録は譲られませんでした。

グーグルは今回の変更に時間がかかってしまったこと、名前に関するポリシーが不明瞭だったこと、そしてユーザにこれまで不便な思いをさせたことを謝罪しつつ、これからは誰もを歓迎する場所としてGoogle+をステップアップさせていく姿勢を見せています。

ネット上でのユーザの行動情報を収集し、私たちの行動を分析してきたグーグル。ですが、どうやらユーザの心の中までは読み取れなかったようです。

source: Google+

(今野愛菜)