iOS 7.1.2がリリース、セキュリティが強化されます

140701nios712.jpg

早めのアップデートがいいかもしれません。

アップルは「iOS 7.1.2」をリリースしました。対象機種はiPhone 4〜iPhone 5sと、iPad 2以降、iPad mini以降、第5世代iPod touch。iOS 7.1.2では全18項目の修正がなされました。

とくに多くの記述がみられるのはWebkitに関してでした。オープンソースのブラウザレンダリングエンジンであるWebKitは過去にも何度か脆弱性をアップデートしてきました。今回は、悪性ウェブサイトに誤って行ってしまった際に、予期せぬ挙動がなされたり、任意のコードが実行されないよう修正を加えたようです。

他にも、話題になった「Siriを使ってパスコードロック解除なしに連絡先が見られる」バグや、メールの添付ファイルが暗号化されない問題を解決しています。トップ画像にもあるようにセキュリティ強化がメインのようですね。

アップデートにはWi-Fiが必須です。「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」で実行できるので、適切な環境下にいる際はすぐ対応した方がよさそうです。

source: アップル

(塚本直樹)