虚構から現実となるか? 「ファミコン風iPhone」

虚構から現実となるか? 「ファミコン風iPhone」 1

嘘から出たまこと。

去る2014年4月1日。エイプリルフールにスペックコンピュータが送り出したのが、「 iPhoneでファミカセが遊べるアクセサリー」。妙によくできた作り込みで、「欲しい!」「かっこいい!」と話題になると同時に「なんだ…エイプリルフールか」と本気で落胆するコメントも複数散見されました。やはりみんなファミコンが大好きなようです。

しかしこのネタ、現実になるかもしれません

エイプリルフールのネタとして登場した「iRetro-FC」、その外観を再現したレトロゲーム機風デザインのガラス製液晶保護フィルム「iRetro-FC tempered glass colors limited Edition for iPhone5s/5」が製品化に向けたプレオーダーを開始しました。

虚構から現実となるか? 「ファミコン風iPhone」 2

虚構から現実となるか? 「ファミコン風iPhone」 3

細部までこだわって、しっかりと作りこまれたこのデザイン! 正直ヤられます。もちろん、見た目だけでなくガラス面は薄さ0.33mm、透過率92%、高度9Hの強化ガラスを採用と、ガラスフィルムそのものとしての性能も確かなものですよ。

プレオーダーの受付期間は2014年7月1日(火)12:00〜7月15日(火)の12:00まで。先行予約すると特典として、特別価格4,000円+送料無料で購入できますよ(通常価格4,500円+送料500円)。なお、受付期間内に仮注文が規定数に達した場合、製品の発売を決定するとのこと。もし仮注文が規定数に達しない場合はナカッタコトに…ぐぅ。

ファミっ子世代のみなさんどうでしょうか? 欲しいor欲しくない? 僕は欲しい!プレオーダーは下記リンクよりどうぞ!

source: スペックコンピュータ

(小暮ひさのり)