iPhoneを赤外線カメラに変える専用ケースが発売

140724flirone.jpg

Android版も出してね~。

昔なら軍用や司法機関などでしか利用は困難だった、一般人の手に簡単には届かない赤外線サーモグラフィが、iPhone 5/5sユーザーならケースに装着するだけで利用可能になりますよ! 今年1月に米国ラスヴェガスで開催された「CES 2014」にて注目を集めた「FLIR ONE」の予約受付が米国内で開始され、来月中に349.99ドルにて発売されるようです。

FLIR ONEは、専用カメラと充電池を内蔵したiPhoneケースで、赤外線エネルギーを検知しては、リアルタイムにサーマルイメージへと変換しつつiPhone上に表示してくれます。壁に埋まった配管の水漏れや暗闇に隠れる人々の動きを察知するなどなど、いろいろと便利な利用シーンはありそうですが、なにより特別な用途はなくともカッコいいですよね……。

斬新な対応アプリの登場にも期待してみたいところですけど、こんなものに3万円以上もかけるのかって怒る家族を撮影すると、その熱気まで赤外線カメラに写ってしまったり、楽しく遊べてしまいそうです。なお、FLIR ONEのバッテリからiPhone本体の充電も可能とのことですよ。

source: FLIR ONE

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)