iPhone 6の背面シェルが流出?

4.7インチ、丸みを帯びたデザイン。

iPhone 6のパーツはすでに流出し始めていますが、新たに4.7インチiPhone 6の背面シェルのものとされるハイクオリティな画像と動画がリークされました。

これら画像と動画は、モスクワでラグジュアリーにカスタマイズしたiPhoneを販売するFeld&Volkという会社がMacRumorsに持ち込んだものです。たしかにそれっぽいシェルがはっきりと写っています。またデザイン以外にも言及しており、Feld&VolkはアップルがiPhone 6で採用するといわれるサファイアガラスを数年来使ってきているそうです。曰く、彼らと同じサプライヤーがアップルにもサファイアガラスを納入している、としています。実際それがどこまで事実かは不明です。

画像の背面シェルはほぼオールメタルのデザインで、全体的には現行のiPhone 5sをもう少し丸くしたような形です。アクセスポートはすべてではないにしろいくつか見えていて、ヘッドフォンジャックとLightningポートがあるのに対し、カメラやマイク、フラッシュのための穴はまだ空けられていないようです。アップルロゴは切り抜きになっていて、iPadみたいに埋め込み型のロゴになるのかも…と想像されます。

iPhone 6の背面シェルが流出? 1

iPhone 6の背面シェルが流出? 2

MacRumorsではこの他にも画像を複数入手しているので、信頼性はある程度高まります。いずれにせよ本物かどうかは正式発表までわかりませんが、そのときは少しずつ近づいています。

source: MacRumors

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(miho)