iPhone 6のサファイアディスプレイをヤスリで削ってみると…

さすがのサファイアガラスでもヤスリは手強かった。

とっても硬度が高いサファイアガラスがディスプレイに採用されるとiPhone 6。その強度がどれだけのものなのか、紙ヤスリで削って検証している動画がYouTube上にアップされています。

140721niphonedisplay1.jpg

まずは物質の硬さを示すモース硬度の説明から。ナイフは5.5と意外と低めでiPhone 5sのスクリーンは6.8、そしてサファイアはずっと硬い9だそうです。

140721niphonedisplay2.jpg

次に、用意した2種類の紙ヤスリの硬い方でiPhone 5sの表面をゴシゴシ。当然iPhone 5sの表面は傷だらけになってしまいました。

140721niphonedisplay3.jpg

次におなじ紙ヤスリでiPhone 6のディスプレイ部品(とされるもの)の上の方を削ってみると、多少は傷ついたものの5sよりも明らかに傷が少なくなっています。これがサファイアの防御力なんでしょうか。

140721niphonedisplay4.jpg

なお、サファイアガラスが採用されているiPhone 5sのホームボタンを削ってみると、全く傷がつきません。これについて動画の投稿者は、iPhone 6のディスプレイはピュアなサファイアではないのではないか、と推測しています。サファイアガラスはホームボタンやカメラのような小さな部品には向いているが、スマートフォンのディスプレイをすべてサファイアで作るのはあまりにも高コストだ、とのこと。

今回の実験から読み取れることは、iPhone 6に採用されると言われるサファイアディスプレイのよりリアルな強度。完全無欠というわけではなさそうですが、着実に進化しているようです。

source: YouTube via Apple Insider

(塚本直樹)