iPhone 6とiPhone Airの基板画像がリーク。気になる本体サイズは?

iPhone 6とiPhone Airの基板画像がリーク。気になる本体サイズは? 1

サイズ感もけっこう違いますね。

いよいよ製造が開始される?とも噂されるiPhone 6ですが、フランスのサイトNowhereelseがその4.7インチと5.5インチのプリント基板とされる画像をホームページ上に掲載しています。同サイトではなんと5.5インチモデルをiPhone Airと呼んでいます。

上の画像の真ん中がiPhone 5sの基板で、左側が4.7インチのiPhone 6、そして右の一番幅が広いものがiPhone Airの基板のようです。本体サイズの大型化とともに基板のサイズも大きくなるみたいですね。この基板では確認できませんが、おそらくA8プロセッサが搭載されるのかな? クアッドコアになるとも噂されるA8のパフォーマンスも気になりますね。

さらに、情報筋によるとこの基板にはNFCチップが90%の確率で搭載されるそうです。NFC連携が可能になれば、スピーカやデジカメなどのデヴァイスと簡単に連携が取れるようになります。90%とまでいうのなら、信じてもいい...のかな?

source: Nowhereelse via 気になる、記になる…

(塚本直樹)