シンプル is ベストなホームセキュリティ「Novi Security」

140715-Image11.jpg

これで十分じゃない?

泥棒に入られたときに、すぐ警備員が駆けつけてくれるホームセキュリティサーヴィスはあると心強いものですが、工事費もセンサーの料金も高いし、月々の警備料も馬鹿になりません。

そこでNovi Securityは、家庭内に設置したセンサー兼カメラが異常を検知したときはユーザのスマートフォンに警告を通達。そこから自分で警察や消防などに連絡する、シンプルなホームセキュリティシステムKickStarterで提案しています。

まずバッテリー式(通常利用で6ヶ月はもつみたい)だから工事が不要動きを検知するとHDクオリティのナイトヴィジョンカメラで撮影してスマートフォンの専用アプリ宛てに送信、外部からの侵入者なのかペットが遊んでいるかをその場で判断して、アプリから警察への通報も可能です。煙センサーも内蔵しており、火事もいち早く知らせてくれます。サイレンを鳴らすこともできますよ。

140715-Image12.jpg

そして警備会社との契約が不要。つまり、月額料金ナシ

140715-0c0440149a5be4dfc435bee073ffccfc_large.jpg

セットアップも簡単。まずベースステーションを有線LANとコンセントに接続し、ベースステーション&センサーと連動するアプリをダウンロードしてインストール。そして両面テープでセンサーをシーリングに固定するだけです。

現時点で8万ドルという第一目標はクリアしたので、開発は行える模様です。今後は、調達資金が15万ドルを達成したらベースステーションもバッテリー式に変更、家庭内LANがダウンしても大丈夫なように3G回線にも対応、そしてスマートウォッチとのシームレスな連携をはかる機能をプラス。さらに20万ドルを超えたら、一酸化炭素の検出機能も足すそうです。

ベースステーション+センサーのセキュリティプランの価格は199ドル(約2万円)。センサーが2つに増えるプロテクトプランは279ドル(約2万8,000円)。センサーが10コ以上ももらえるオフィス向けのマネージャープランは2,250ドル(約22万8,000円)ですが、これでも通常のホームセキュリティ機器&工事費より安いんですよね。

ほんと、これで十分でしょう。資金援助は7月24日まで。おはやめに。

source: KickStarter

(武者良太)