アップル新特許の「iTime」、次なる野望が見えてくる

アップル新特許の「iTime」、次なる野望が見えてくる 1

決めては、時計のストラップ。

アップルのウェアラブルガジェット「iTime」に関する新たな特許で、アップルが進もうとしている道が見えてきました。iTimeは、別の端末に接続して使うことができ、手首や腕のジェスチャーコントロールや、より高度なセンサーをもつハイテク機能のスマートウォッチだと記されています。でも、それだけじゃありません。

オールインワンタイプのスマートウォッチならばサムスンやLGだってすでに取り組んでいます。iTumeが他と大きく異なるポイントは2つ。1つは、ストラップにあります。ストラップにもセンサーが内蔵されていること、そして用途に応じて付け替えられるといいます。もう1つは、小さなタッチスクリーンのメディアプレイヤー。これは第6世代のiPod nanoを彷彿とさせるもので、実際に特許の記述にも「iPod nano」がでてきます。もちろん、似ているだけで機能の向上が期待できます。

アップル新特許の「iTime」、次なる野望が見えてくる 2

やはり注目したいのは、ストラップ。GPSや触覚フィードバック、腕や手首のジェスチャーセンサー、さらにはワイヤレス通信など、ストラップに仕込まれる機能は盛りだくさん。付け替え可能なストラップといえど、ストラップ別にどの機能がつくといった詳細までは今のところ不明です。

特許にはパーソナルワイヤレスネットワークという記述も見られました。これは、iTimeとiPhoneやiPad、パソコンを連携させてデータや通知機能の共有を行なうもの。でも、ユーザがiTimeをどのように使っていくかなど、具体的なインターフェースまでは今回はわかりませんでした。

アップル新特許の「iTime」、次なる野望が見えてくる 3

ガジェット好きだけじゃない、みんなの手首回りがガジェガジェする日は、もうすぐそこです。

source: USPTO via AppleInsider

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)