最新版iTunes 12.0ベータ版登場、どこが変わった?

20140722_itunes01.png

アップルは、OS X Yosemite Developer Preview 4をリリース、その中にiTunesの最新ベータ版も含まれています。が、ちょっと拍子抜けな感じが否めません。iTunesのヴァージョン12.0は、現行の最新ヴァージョンであるiTunes 11.3と酷似。けれども、当然いくつか変わった点がありますね。まず、誰もが一瞬で気付くでしょう、アイコンの色が赤くなりました。もしくはピンクかな?

20140722_itunes02.png

新しいiTunesはシンプルに。

トップのナヴィゲーションバーがすっきり、中央の曲を再生部分は、Yosemiteデザインっぽいグラデーション、エッジの処理になっています。 左のレール(またはヴューに応じて、メニューバーの左側になるドロップダウン)は、ミュージック、ムービー、テレビ番組、オーディオブック、Appといったドロップダウンメニューが、それぞれ小さなアイコンに置き換わっています。

20140722_itunes03.png

つまり今後はトップのバーから「曲」「アルバム」「アーティスト」、その他諸々を切り替えるメニューがありません。その代わり、右の部分にドロップダウンメニューが出現。ドロップダウンメニューを減らした代わりに、新たにドロップダウンメニューが出現しました。でも良くなったと思います。下のスクリーンショットは今のヴァージョンのiTunesです。

20140722_itunes04.jpg

そして、以下は新しいiTunes:

20140722_itunes05.png

他のビューヴァージョンも:

20140722_itunes06.png

決定的な違いはあるかって?

無いですね。今後のアップデートで複雑な部分が少しずつ分かりやすくなるかもしれませんが。この限定プレヴューヴァージョンじゃ納得いかないというのであれば、もう少しスクリーンショットを紹介していきましょう。

下の素晴らしいチェックボックスメニューで、自分が表示させたいメニューを選択することができるようになります。

20140722_itunes07.png

そして以下は新しいappスクリーンです。現行ヴァージョンとほぼ変わらないですね。

20140722_itunes08.png

そして新しいiTunes Store。あまりお変わりないようで。

20140722_itunes09.png

iTunesで何かを「購入させる」事に関しては、いろいろ探求しているようです。

再生中の曲のタイトルの隣にあるボタンから、iTunesラジオから再生中の曲が簡単に購入することができます。これまでドロップダウンでしたが、ボタンになって簡単に購入できるようになりましたね。

20140722_itunes10.png

iTunes Radioも健在。でも日本は未対応ですけどね。

20140722_itunes11.png

今回のベータ版では明らかにされなかった新機能があるかもしれません。

引き続き追っていきたいと思います。

Images via iTunes / Gizmodo

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(mayumine)