iWatchはサファイアカバーを採用し11月に量産開始?

iWatchはサファイアカバーを採用し11月に量産開始? 1
※ 写真はイメージです。

年内発売は間に合うのかな?

今年秋の発売が期待されるアップルのスマートウォッチ「iWatch」ですが、KGI証券の有名アナリストのMing Chi Kuoさんによると、その量産は11月に始まるそうです。

Kuoさんによると、iWatchの量産が遅れている理由はハードウェアとiWatch用のOSの開発のハードルが高いからなんだとか。同氏はiWatchに曲面有機ELディスプレイサファイアクリスタル製のカヴァー、さらには他のアップル製品以上の防水性能が採用されると推測しています。さらに、iWatchにカスタムされたデザインのiOSが搭載されるとか。なんだかいろいろすごそうですけど、価格もすごく高くなったりしないんですかね?

アップルはiWatchの開発のために、高級腕時計ブランドのタグ・ホイヤーの幹部を引き抜いたりとその周囲は騒がしいのですが、実際にどんな製品に仕上がるのかはいまだにはっきりしません。2.5インチディスプレイを搭載、また、複数モデルが登場し10個以上のセンサーを積む、みたいな噂も出ていますよ。

生産上の問題たびたびあがっているiWatchですが、Mac Proのように発表からしばらくして発売されることになってしまうのでしょうか。できれば、年末にiPhone 6とiWatchをセットで使えるようになっていればいいのですが。

source: MacRumors via 気になる、記になる…

(塚本直樹)