いろんなモノをヤスリで少しずつ削ってみると、なんだか神秘的

いろんなモノをヤスリで少しずつ削ってみると、なんだか神秘的 1

モノの断面は、斬鉄剣やCTスキャンを持ちあわせていない限り通常の生活で見ることはありません。今回はベルトサンダーを使って、1mm単位でモノを削り撮影をした写真でその未知の世界を体験してみましょう。

TOP絵はクルミの断面。未確認生物の卵のような見た目ですが、こうして見ると種子が4つに分かれているように見えますね。

いろんなモノをヤスリで少しずつ削ってみると、なんだか神秘的 2

次は木材。一度ヤスリで整えているので、木目をしっかりと確認することは出来ませんが、その滑らかな断面に美しさを感じます。

いろんなモノをヤスリで少しずつ削ってみると、なんだか神秘的 3

最後は動物の頭蓋骨。外からでは見ることが出来ない内部の意外なまでの複雑さに驚きます。

ネタ元のコタク・ジャパンでは、約650枚の写真データをつなぎあわせた映像が掲載されていました。少しずつ削られていくストップモーションをご確認ください。

source: コタクジャパン

(ギズモード編集部)