ヘヴィ・メタル魂を感じるSF映画

ヘヴィ・メタル魂を感じるSF映画 1

ヘヴィ・メタルとSFの相性は最高なのは周知の事実。小説や映画から影響されて出来上がった楽曲も少なくありません。今回は兄弟メディアコタクジャパンより、ヘヴィメタルとSFの関係性が強い作品を見てみましょう。

「イベント・ホライゾン」

1997年のアメリカ映画「イベント・ホライゾン」。処女航海で行方不明になり、7年ぶりに突如として海王星に姿を現したイベント・ホライゾン号。この宇宙船には空間移動装置「コア」が積み込まれているだけでなく、その「コア」には意思があることが次第に分かってくる、サスペンスとホラーの要素も入ったSF作品です。

7年前に乗り込んでいたクルーたちは、お互いに拷問をして殺し合った形跡があったり、救助部隊と一緒に同行した「コア」の開発者がおかしくなってしまったりと、その「コア」が異次元世界からの地獄をもたらす使者だということが明らかになってきます。

ウェア博士を演じたサム・ニールさんが魅せる血みどろ狂気の怪演が見どころの1本です。

静かなる宇宙空間で繰り広げられる地獄絵図は、その静と動のコントラストとビジュアル的なインパクトも強く、実は多くのヘヴィ・メタル・バンドが「イベント・ホライゾン」をテーマに曲を書いていたり、音をサンプリングして取り込んでいたりするのだそうです。

■影響されたバンド「アナール・ナスラック」</strong>

そのうちのひとつが、イギリスのブラック・メタルバンド「アナール・ナスラック」です。まるで微生物かのようなネーミングですが、名前の由来は魔法使いの召喚呪文で「蛇の吐息」の意味を持っているそうです。

そしてこの曲が、「イベント・ホライゾン」をサンプリングした「The Technogoat」。とにかく叫びまくっています。

コタクジャパンでは映画に限らず、小説やゲームなどの創作ファンタジーから、最もヘヴィ・メタルしている作品を掲載してたので、「アナール・ナスラック」でメタル魂に火がついてしまった方は確認してみてください。

source: コタクジャパン

(ギズモード編集部)