宣伝されなかったために埋もれてしまった良作映画

    宣伝されなかったために埋もれてしまった良作映画 1

     

    大々的に宣伝をされている映画を実際に見に行くと、スクリーン独占、なんてことも珍しくありません。逆に、全く注目されていなかったのに、びっくりするほど評価が高い作品も存在します。

    今回は兄弟メディアのコタクジャパンで紹介されていた「宣伝されなかった為に埋もれてしまった映画」から「アイアン・ジャイアント」の例を見てみましょう。

    宣伝されなかったために埋もれてしまった良作映画 2

    英語圏で最も知られる映画レビューサイトRotten Tometoesで、97%という高い評価を得ている「アイアン・ジャイアント」。にも関わらず、この映画は大きく宣伝されたワケでもなく、誰もが知る超有名作というワケでもありません。

    それは一体何故でしょうか? WebCiteによるとスタジオがアニメーションに対して引き気味だったからだそうです。

    (1998年公開のアーサー王伝説を題材としたアニメーションの)「キャメロット」は興行成績的にも大失敗でした。そこで、アニメーションはちょっと...という雰囲気になり、スタッフもクビになったのです。加えて「アイアン・ジャイアント」の重役が突然いなくなりました。

    「アイアン・ジャイアント」の仕上がりは、それは素晴らしいものでした。監視役がいなくなった為、ブラッド・バードが自由に作れるようになり結果的には良かったんですが...。しかし、重役たちはそれを理解できなかったのです。

    彼らが映画を見た感想は「あぁ、良いんじゃない?」でしたよ。私は、ワーナーがあの作品の公開の仕方を知っていてくれれば...と今でも思いますよ。

    玩具や他のグッズの準備も整っていたにも関わらず、それから1年もかかったのです。バーガーキングや類似ショップも参加したいと言っていましたね。準備万端だった4月に重役に映画を見せたのですが、彼らは「これでは全然ダメだ」と言ったのです。冗談じゃない、準備はしっかりとできていたのです。

    しかし、4月の時点で「あと数ヶ月待ってみましょうか」と言ったのです。大手スタジオは、年間30本の映画を公開します。映画をドックに放って、泳ぐか溺れるかを高みの見物してるんです。ダメでも、すぐ次に控えている映画がありますからね。

    重役、前評判、訛りなど、ほんの些細なことで宣伝が遅れてしまう作品は今でも存在するのでしょうか。コタクジャパンで紹介されていた映画たちは名作が多いのでまだ未チェックの方はぜひ確認してみてください。

    source: コタクジャパン

    (ギズモード編集部)