本当に「Watch Dogs」の様なハッキングはできるのか?

    本当に「Watch Dogs」の様なハッキングはできるのか? 1

    防犯カメラや、信号、鉄道までもをハッキングで味方にしてミッションを遂行するゲーム「Watch Dogs」。街角でハッキングしているジョーク動画は存在しますが、実際にゲームのようにハッキングをすることが可能なのでしょうか。

    兄弟メディアのコタクジャパンではハッキングに関する検証記事を掲載していたので、そこから現代のハッキング技術を確認してみましょう。

    本当に「Watch Dogs」の様なハッキングはできるのか? 2

    たとえば、インターネットで検索しただけでも何百ものプロテクトが掛かっていない防犯カメラにアクセスが可能な場合があり、自分で上下左右に動かしたり、ズームイン/アウトまで操れるものもあるのです。

    ご近所さんの防犯カメラか、それとも遠い外国のカメラか、アクセスされたほうはプライヴァシーやセキュリティが丸ハダカにされてしまう可能性があります。

    本当に「Watch Dogs」の様なハッキングはできるのか? 3

    ブランドン・オコーナー氏が、セキュリティ調査のためにと開発したデヴァイス「F・ファーム」を使うと、スパイウェアが電話内の個人情報を全部抜き取ることが可能になるそうです。

    実験的にお天気アプリをスパイウェアとして仕込ませ、本人がアクセスしてみると、何処で何をやっているのかが丸わかりになってしまいました。

    流石にスマートフォンのタップ1つでハッキングなんて気軽には出来ませんが、通信ができる機器類なら、ほぼ何でもハッキングされてしまう可能性があるということですね。その他、個人情報に関する話などを詳しく掲載していたので、コタクジャパンも確認してみてください。

    source: コタクジャパン

    (ギズモード編集部)