MacBook Pro Retinaモデルが高速化、お値段そのまま。

MacBook Pro Retinaモデルが高速化、お値段そのまま。 1

背中をぐっと押されますな。

MacBook ProのRetinaモデルがアップデートされました。全体に処理速度が高速化し、メモリが増え、15インチモデルの一つは価格が3,000円ほど下がりました。

これは夏休み明けの新学期に対応するアップデートで、13インチの3モデル、15インチの2モデルがそれぞれ増強されました。すべてインテル最新のCore i5またはi7 Haswellプロセッサ搭載。13インチの下位モデルには2.6GHzのCore i5チップと8GBのメモリ(従来は2.4GHzのCore i5チップと4GBのメモリ)が搭載されます。15インチのエントリモデルは2.2GHzのCore i7プロセッサと16GBのメモリ(従来は2.0GHzのチップと8GBのメモリ)搭載になります。

価格はほぼ変わらずですが、15インチのハイエンドモデルだけ25万1,800円から24万8,800円に引き下げられました。他は13インチモデルは12万8,800円から、15インチのエントリモデルが19万4,800円からと据え置きです。

Macbook ProのRetinaモデルがアップデートされるのは、去年10月以来となります。OS X Yosemiteの公開は今年秋の予定なので当初はOS X Mavericksを使って、その後無償でのソフトウェアアップデートとなります。

アップデートされたMacBook Pro Retinaモデルは、すでにアップルストアで購入できますよ。

source:Apple

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(miho)