フェイスブック、有名人専用アプリ「Mentions」公開

フェイスブック、有名人専用アプリ「Mentions」公開 1

ビッグネーム限定。

フェイスブックが1年のテストを経て新アプリ「Mentions」を公開しました。ユーザーのFacebook上のやりとりをモニタリングすることに特化したアプリで、使えるのはセレブリティだけです。

「セレブリティ」とはこの場合、Facebookページを使っていて、名前の横に青いチェックマークが表示される有名人ということです。Re/Codeでは次のように解説しています。

  • 強調されているのは、友だちの投稿を読むことではなく、新規メッセージや写真、動画を投稿することだ。
  • 自分について他人がどう言っているか有名人が確認できる「Mentions」タブが表示されている。これはTwitterの@タブに酷似していて、「メンション」という言葉もそのまま使われている。インスパイアド・バイ・Twitterな感じだ。

このアプリは現在「パブリックに影響力のある人物」限定(それでも数万人いる)ではありますが、最終的にはFacebookページを持たない「ただのパブリックな人」にまで対象を拡大するそうです。「ただのパブリックな人」の例として、Re/CodeのPeter Kafka記者は「僕みたいなDリストの人間」としています。

MentionsアプリはすでにApp Storeで公開されています。とはいえ実際使える人は上記の事情で少ないので、ダウンロードしてもアイコンを眺める以上の使い道はないのですが…。

source: Facebook via Re/Code

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(miho)