物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた

Sponsored

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 1

物理的な距離を超えるのって難しい。

でも、それを超えるためにテクノロジーがあるんだよね。山に登ってiPad miniWiMAXを使ったらそんなことを思いました。そのきっかけとなった動画がこちら。

動画を作成したのはWiMAXでおなじみの@nifty

風邪をひいたのか寝込んでいる奥さんと、カメラマンの旦那さんが主人公。インフォグラフィックみたいで、見たあとにほっこりする動画になっています。かくいう僕は、現在妻が妊娠中。寝込んだりしてるわけじゃないけど、たまにちょっと辛そうなときがあったりして、なんだかとても感情移入しちゃいました。

で、この動画と同じことをしてみようと思い立ち(&ある1つの目論見があって)、小旅行に出てみることにしました。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 2

訪れたのは、動画と同じように都会の喧騒から離れた山。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 3

調子よく登っていくと、景色が開ける場所が。この日は初夏の陽気ながらけっこう空気も澄んでいてかなり遠くまで見えたので、iPad miniで風景を撮ったり……

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 4

道中で出会った開運の「ひっぱり蛸」を撮ったり。WiMAXの電波の入るところなら、すぐに送れちゃうのもいいですね。家にいる奥さんにポチッと送付。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 5

そんなことをしていたら、日頃の運動不足がたたって、すぐに息が上がっちゃいました。んで、ベンチにドッカリ腰を下ろして休憩。その間でも、iTunes Uであらかじめダウンロードしておいた、「マイケル・サンデル『ハーバード白熱教室 in JAPAN』2010」を見てみたり。山の中で哲学に思いを馳せるのも悪くないです。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 6

そうそう、冒頭で紹介した動画。奥さんがいる家がある街と旦那さんが出かけた山がシームレスにつながっていて、最後にザクッと大地が割れて夫婦の距離が近付いたのが印象的でした。

なんとなくジオラマ風のこの動画に敬意を表して、山頂付近でジオラマ風に撮影してみました。真ん中で@nifty WiMAXのルータとiPad miniを掲げているのが僕です。

……が、こうしてみるとぼっち感半端ないですね。さぁぼちぼち帰りましょ。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 7

下山したところで妻にFacetimeで連絡して無事を伝えました(そんな危険じゃないですけどね)。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 8

これは妻側で撮ってもらったスクリーンショット。あんまりビデオ通話する習慣がないので、こうして顔を見ながら話をするのって、今朝も会っていたのになんだか不思議な気分です。

こんなふうに、iPad miniとモバイルルータがあれば、いろんな場所でコミュニケーションがとれちゃう。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 9

しかも、@nifty WiMAXなら下り最大110MbpsのWiMAX 2+と一緒に申し込むことで、月額500円(税抜)でiPad miniをレンタルできるんです。レンタルなので、まとまった額の初期費用を用意しなくても大丈夫なのがうれしい。

レンタルできるのはWi-Fiモデルの16GB ブラック。AppleCare+ for iPadが標準装備で、電話一本で自宅に届けてくれます。最低利用期間満了後には買い取りも可能。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 10

@nifty WiMAX 2+の料金は、契約期間2〜4年で、ほかの@nifty接続サービスと併用している場合が月額3,420円(税抜)、@nifty WiMAXのみ利用する場合が月額3,670円(税抜)。機器代金は別途かかるんですが、現ラインナップではWiMAX 2+サービスと同時に申し込むことで、初回購入時の機器代金がいずれも1円(税抜)となっています。

今回、実際にiPad miniと@nifty WiMAXのルータを持って出かけてみて思ったのは、iPadが優れたコミュニケーションツールであるということ。このセットがあれば、物理的な距離なんて簡単に超えられるのかもしれません。

すでにiPadを持っているという人でも、家庭にもう1台あればさらにコミュニケーションが深まるのは間違いなし。僕もiPadは1台持っていますが、iPad miniはこういうお出かけで使うのにはすごくいいサイズだと思いました。夫婦や親子、恋人、友人といった関係も、動画のようにグッと近づくことができそうな気がします。

物理的な距離の超え方を教えてくれるほっこり動画を実演してみた 11

あ、それから、この小旅行に込めたもう1つの目論見は、安産のお守りを道中でゲットすることでした。元気な赤ちゃん、産まれるといいな〜。

source: @nifty WiMAX

(松葉信彦)

※サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所では、通信できなかったり通信速度が低下する場合があります。

※@nifty WiMAX(ワイマックス)は「ベストエフォート型」のサービスです。ベストエフォート型とは、最大速度および接続性について保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度・品質で提供することを前提に、安価に高速なサービスを提供する方法です。

※ページ内に記載されている@nifty WiMAX(ワイマックス)の回線速度は理論値です。必ずしも記載通りの速度が保証されているものではなく、お客様の通信環境や接続の時間帯などにより、記載通りの速度がでない場合がございます。

※@nifty WiMAX(ワイマックス)の回線速度は、WiMAX 2+(下り最大110Mbps/上り最大10Mbps)、WiMAX(下り最大40Mbps/上り最大15.4Mbps)、au 4G LTE(下り最大75Mbps/上り最大25Mbps)、au 3G(下り最大3.1Mbps/上り最大1.8Mbps)となります(WiMAX(ワイマックス)の上り最大速度は、WiMAX 2+の対応エリアおよびその周辺では、最大10Mbpsとなる場合があります。au 4G LTEの一部エリアでは、下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbps、またはそれ以下となる場合があります)。なお、料金プランによって、ご利用いただける回線は異なります。また、記載の回線速度は理論値です。

Apple、FaceTime、 iPad、iSight、iTunes、AppleCare、Retina、App Storeは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の 商標です。

@nifty レンタルサービスはニフティ株式会社が提供するものであり、Apple Inc.が認定、後援、その他承認したものではありません。