中国の野望…世界一の超高層ビルを湖上に建設

中国の野望…世界一の超高層ビルを湖上に建設 1

やっぱり世界一じゃなきゃダメなんだ!

そう中国の人たちが叫んでいるのかどうかは定かではありませんけど、あの中国一の高さを誇る「平安国際金融中心(Ping An Finance Center)」のスピード建設には飽き足らず、現時点で世界一となる828メートルの高さを誇るドバイの「ブルジュ・ハリファ」をも上回る高さの新たなる超高層ビル「鳳凰塔(フェニックス・タワー)」の建設プロジェクトが披露されましたよ。すでに完成すれば世界一になると話題の1,000メートルの高さに達する超高層ビル「キングダム・タワー(Kingdom Tower)」の建設がサウジアラビアでスタートしていますけど、フェニックス・タワーは、これをも超える世界で最も高いビルになるとアピールされていますね…。

中国の野望…世界一の超高層ビルを湖上に建設 2

イギリスのChetwoodsによって建設プロジェクトの実態が明かされたフェニックス・タワーは、中国湖北省の武漢市にある巨大な湖に浮かぶ島の上に建てられ、超高層ビル棟の半分より上の高さは空洞の設計デザインに仕上げることで、風力発電、太陽光発電、湖水循環を利用した空調システムなどを完備た、環境に非常に優しいビルになるとのことですよ。なお、フェニックス・タワーの下層階にはグリーンゾーンを設けて、湖の生態系を壊さないような配慮が進められるほか、世界一の高さの建造物を見に訪れる新たな観光スポットとしての役割にも期待がかけられているんだとか。

今回の建設プロジェクトの発表に当たって、 Chetwoodsの創設者であるLaurie Chetwood氏は、巨大なツインタワー構造が採用されたフェニックス・タワーの独特のデザインについて「その実現を可能にすべく、ありとあらゆる環境に優しいアイデアが取り入れられている」と説明し、早期の着工を目指して意欲満々ではありますけど、こんな高さの建造物を湖上に建てたりして、本当に地盤の安定性とかの問題はクリアされているのかなぁ。

source: Dezeen

Sarah Zhang - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)