その火が尽きるまで…キャンドルを電力にしたスピーカ

その火が尽きるまで…キャンドルを電力にしたスピーカ 1

ロウソクが消えるとき、その曲は止まるという…。

熱電効果という科学現象を利用して作られたスピーカがこれ、Pelty。こちら、ロウソクが発する熱を電力として音を発するBluetoothスピーカなのです。アウトドアにもってこいでしょう! スマートフォン等から音楽をストリーミングできるので、屋外でもロウソクがあれば、少なくともスピーカの充電は気にしなくてすみます。

値段によっちゃ夏のキャンプ前に欲しいと思いきや、こちら今現在Indiegogoにて資金調達中。目標額10万ドル(約1,000万円)に向けて邁進しています。Indiegogo上では199ドルの寄付でプロジェクト達成後にPeltyが手に入ります。が、その後の通常価格は300ドル(約3万円)が予定されています。どうです? ちょっといいよね。

その火が尽きるまで…キャンドルを電力にしたスピーカ 2

source: Indiegogo - Pelty

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)