真空管がムーアの法則を救う!?

真空管がムーアの法則を救う!? 1

温故知新ってこういうことなんですね。

ムーアの法則ってご存知でしょうか。米インテル社の共同創業者であるゴードン・ムーア氏が1965年に提唱した、「半導体の集積密度は約2年で倍増する」という経験則です。ムーアの法則は半導体業界やコンピュータ産業界で広く受け入れられ、コンピュータの性能向上を予測する際の指標として用いられています。しかし現在、ムーアの法則は危機に面しています。なぜなら、物理的、コスト的に半導体の微細化の限界が迫っているからです。

この危機に対し、NASAの研究者たちは新たな解決法を見つけたようです。それは真空チャネルトランジスタとよばれるもので、コンピュータ初期に用いられていた真空管の技術が使われています。彼らは、460GHzで動作する真空チャネルトランジスタを作成、半導体の微細化をさまたげている物理的効果をやわらげることに成功したそうです。

まだまだ初期段階の研究ですが、今後の発展が楽しみですね。

image by Kurt Faler

source: IEEE Spectrum via Hot Hardware

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(谷垣友喜)