空気を注入して大切なガジェットを衝撃から守ってくれるバッグ

空気を注入して大切なガジェットを衝撃から守ってくれるバッグ 1

おっちょこちょいなあなたに朗報です。

イギリスのロイヤル・カレッジ・オブ・アートの卒業生Peng Youは、空気を入れることでぷくっと膨らみ、大切な電子機器類を衝撃から守ってくれるバッグをデザインしました。

見た目のイメージそのまんまに「The Fugu」(フグ!)と名付けられたこのバッグ、材質的には高強度のカーボンファイバーでできており、側面をポリウレタンでコーティングすることで防水性を高める作りになっているんだとか。

そして、内側には熱可塑性ポリウレタン樹脂フィルムでできたエアバッグが複数備えられており、この部分に空気を吹き込むことで、中に入れた物を衝撃から守ることができるんですね。デザイナーは以下のように語っています。

私たちが日常的に持ち運ぶ電化製品の数はどんどん増えています。ラップトップやiPad、カメラにiPhoneなど。これらの製品は繊細で衝撃に弱いだけでなく、プライベートやビジネスなどの大事なデータを大量に含んでいます。

従来のパッドを用いた方法はバッグが重くなってしまう上、必要ないときに取り外して軽くするといったことができませんでした。このバッグなら、特に衝撃から守る必要がない時には空気を抜けばいいだけです。

バッグに空気を入れるのには1分しかかからない上、一度空気を入れると5日は膨らんだままなんだとか。また、空気を抜くのは10秒で済むそうです。現在は、製品として販売されるかについてはコメントしていません。

source: Dezeen

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(daiya)