波がなくても大丈夫。ジェット噴射で推進するサーフボード

波がなくても大丈夫。ジェット噴射で推進するサーフボード 1

今年はサーフィンに挑戦しようと思っているあなたに。

WaveJetは、ジェット噴射による推進力を備えたボード。時速約20kmで波に乗れるということで、なかなか爽快感を感じられそうです。ロングやショートのサーフボードに加え、ボディーボードやパドルボードなど全9種類のボードを展開中で、カヤックなどは手軽なモーターボートみたいな感覚が味わえるかもしれません。

波がなくても大丈夫。ジェット噴射で推進するサーフボード 2

こちらはサーフボード裏面。白い部分がWaveJetの本体部分であるPower Podと呼ばれる部分で、ここで推進力が生み出されています。軽量アルミニウムでインペラが作られているのですが、重さは平均約7.3kgとなかなか重たい印象。バッテリはフル充電で連続使用時間35分、平均約1時間半から2時間ほどは海の上で楽しめるそうですよ。ちょうど良い長さです。

波がなくても大丈夫。ジェット噴射で推進するサーフボード 3

そしてこちらがコントローラ。腕に装着してジェット噴射のオンオフなどを切り替えたり、バッテリの残量を確認できるようになっています。ボードの表面にフットスイッチみたいになっててもいいのになぁ。

以下で実際にWaveJetで波乗りする様子を見てみましょう。

ある程度スピードが出るからかな、普通のサーフィンより安定感を感じる気がします。もちろんこの方がかなりの腕前のプロサーファーという可能性もあるんですけど。もしかしたらサーフィン初心者でも乗りやすかったりするかも、と思うんですがどうでしょうか。

WaveJetラインナップの気になるお値段は、ボードが4,445ドル(約45万3,000円)、カヤックは3,799ドル(約38万7,000円)から。どうやら、ここの敷居が一番高いようですな。

source: WaveJet

(今野愛菜)