そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 1

このまま吸収合併が進んだら最後に生き残るのは…1社?

世界の大手ブランドを所有するのは、ほんの一握りの企業です。食品、銀行、航空、自動車、メディア…あらゆるものがメガコーポレーション(超巨大企業)に支配されています。

その資本関係を一望のもとに収めたインフォグラフィック(アメリカ版)を集めてみました。

消費財

スーパーの棚に並んでるものは大体、モンデリーズ、クラフト、コカコーラ、ネスレ、ペプシコ、P&G、ジョンソン&ジョンソン、マーズ、ダノン、ゼネラル・ミルズ、ケロッグ、ユニレバー傘下ブランドの製品です(上図)。

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 2

この図は少し古いのですが、ジョンソン&ジョンソンの資本関係がわかりますね。

金融資産

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 3

はいはい、巨大資本支配はスーパーマーケットだけじゃありませんよ。みんなのお金も全部、巨大企業数社の手中にあります。アメリカでは1996年からの弱肉強食でどんどんシティグループ、JPモルガン・チェース、バンカメ、ウェルス・ファーゴに吸収合併されてゆきました。 MotherJonesによると、今や米国内の全金融資産の実に54%は10社の懐に呑まれてしまってるんだって。

映画&メディア

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 4

1983年には50社が米メディア企業の90%を支配していました。2011年には6社で90%に。

TV

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 5

航空

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 6

黒点は破産していた期間。

自動車

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 7

ビール

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 8

その他

そして最後に残ったのはメガコーポ…大手ブランド親会社俯瞰図 9

これは2003年の図ですけど、酒類から衣類、音楽レーベルまで全ブランドの資本関係がわかります。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(satomi)