触感の消える新たな物質が発見される

2014.07.14 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140708new_material.jpg


え、触っても触った感じがないってこと?

このたび発明されたナノ・マテリアル。この薄い層からなるポリマー(柔構造)の物質は、その下に何を置こうが触感を一切感じないようにすることができます。この写真を見てもおわかりのように、鉄の筒が吸い込まれているように見えますよね。そこに触感はないんです。


なぜ、このようなことが?


カールスルーエ科学研究所の科学者たちによると、このミクロメートルの次元まで完璧な結晶構造は針ようなものの集まりで構成されています。それは完璧に機能し、下に置かれたものをなんでも吸い込んじゃうんです。

このメタ・マテリアル構造は鉄の筒を完全に隠してしまうほどです。指で触れても触感がありません。

触感がなくなるだけでなく、実際に計測器でも、この触感をはかることができないといいます。このプロジェクトのリーダーであるTiemo Bückmannによると「アンデルセン童話の『エンドウ豆の上に寝たお姫様 』みたいなものです。その童話では、お姫様は20枚もの柔らかいマットレスで寝たのに、それでもベッドの上に置かれてあったエンドウ豆の堅さが気になって眠れなかったのですが、私たちのマットレスなら、そんな敏感な神経のお姫様でも眠りにつくことができます」だそうです。


現実生活で持つ意味は?


カールスルーエ科学研究所は、実験的な目的で研究・開発していますが、今から向こう数年のうちに実用的になることもあり得るそう。たとえばそれは、石や木の枝が下にあるのを全く感じないキャンプのマットとか、下にケーブルが敷かれているのが全く感じられないカーペットとか。

これが実用化されたら嬉しいですね。


Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文
(沢田太陽)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングマット180×60cm M-7381
  • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ)
  • DABADA
・関連メディア