校舎の壁を子どもが走る? イタリアの必見ストリートアート

校舎の壁を子どもが走る? イタリアの必見ストリートアート 1

あれ、どうなってんだ? 一瞬ビックリしますね。

イタリアはテッラチーナにある小学校、その壁面には元気に走り回る子どもの姿があります。壁を?子どもが?重力は? もちろん、この子どもたちは本当の子どもではなく、壁に描かれた絵なのですけど。ノルウェーのストリートアーティストStrøk(Anders Gjennestad)の最新作がこの壁画です。Memorie Urbaneストリートアートフェスティバルの一環で描かれました。

校舎の壁を子どもが走る? イタリアの必見ストリートアート 2

Strøkはステンシルアートで知られ世界的に活躍しています。何層にもなったステンシルで奥行きを表現するのが、Strøkの得意な作風です。加えて、写実的とも言える細かい描写も特徴の1つ。この小学校の壁画は、長く伸びた影が実に印象的ですね。小学校以外にも、街のあちこちに子どもたちが描かれているそうです。

Strøkの作品は世界中にあるので、イタリアまで行けなくても目にすることがあるかもしれません。

140708strokgrafittiart01140708strokgrafittiart03140708strokgrafittiart04140708strokgrafittiart05140708strokgrafittiart06

Images by Anne Esser via Street Art News

source: Street Art News

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)