世界初の感涙ノート。その名もオニオンノート

2014.07.10 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140708onionnote-01.jpg


目も開けられないほどに。

オニオンノートは、Magnus Ferreus社が開発した世界初感動ノート。いえ、落涙ノートと言った方が正しいかもしれません。

それもそのはず、だってこのノートには玉ねぎを切るときに目がしみる原因である成分の「アリルプロピオン」が紙に塗りこまれているのだから。この成分がノートに書き込むたびに気化されて、涙を誘発するんだそうです。使われている玉ねぎの品種もフランス製の辛味がもっとも強い晩生のものなんだとか。

以下の動画でMagnus Ferreus社のCEO Tomas.Parkerさんがオニオンノートの詳細を説明しています。


140708onionnote-02.jpg


20年に及ぶ研究の集大成。トーマスさんの顔にも自信がみなぎっています。

動画中で彼が発表しているように、オニオンノートは涙が溢れることによってメモを印象づけるだけでなく、玉ねぎ由来のトリートメント効果で圧倒的な書き味、さらには玉ねぎの繊維を採用した薄く破れにくい紙質をも実現しています。

ノートの書き味はとても大事ですが、本当に溢れるほど涙が出てたらメモどころじゃないような…とツッコみたくなってしまいますが、CMはとても感動的ですよ。



オニオンノートは世界に先駆けてまずは日本で発売されます。

価格は未発表ですが、TwitterやFacebookで上のCM動画をシェアすると抽選で333人にオニオンノートが当たるキャンペーンが現在進行中。

これからの季節、灼熱の教室なんかでこのノートを使用したらどうなるのかな…消しゴムの摩擦熱でもすごいことになったりして。見られたくないことを書いて密閉しておくのもいいかもしれませんね。あぁ、だんだん使ってみたくなってきました。


source: Magnus Ferreus

(今野愛菜)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • マスコット オーネ 炒めたまねぎ 100g×1袋
  • マスコットフーズ
・関連メディア