マイクロソフトの人工知能で、世界中のモノが識別できる日が来るかもしれない

マイクロソフトの人工知能で、世界中のモノが識別できる日が来るかもしれない 1

人工知能の時代。

マイクロソフトの研究部門であるMicrosoft Researchは現地時間の7月14日、年次カファレンス「Faculty Summit 2014」のなかで、かなり印象的な人工知能技術の発表を行いました。それは「Project Adam」と呼ばれるディープ・ラーニングシステムを使ったアプリケーション。アマゾンが先日発表した「Fire Phone」のように周りにあるオブジェクトを認識・判別する能力があるんです。まだ開発途中ではありますが、かなり期待できそうな結果をプレゼンテーションで見せてくれました。

Adamは、研究者によって人間の脳を真似るように入念に調整されています。高いパフォーマンスを持ったコンピュータに膨大なデータを構築したシステムを作り上げることで、まるで私たち人間の脳内で起こっている神経活動のように動くのだそう。このアプリケーションの神経ネットワークを開発しているTrishul Chilimbi氏率いるチームは以下のように説明しています。

近年は主に「Project Adam」と、ウェブやFlickrなどのサイトから1,400万枚もの画像とユーザーによって作られた2万2,000以上のカテゴリから構築されたデータセットを使ってモノを認識する研究をしています。

また他のシステムより30倍少ない機械を使っているにも関わらず、20億以上の繋がりを作り上げる神経ネットワークを鍛えることができるんです。その拡張可能なインフラのおかげで、他のシステムと比較するとモノの認識において2倍も正確で、50倍速いスピードで結果を導き出すことができます。

デモンストレーションでは観客の前で3匹の犬の犬種を判断する場面もありました。犬にカメラを向けるだけで特定の品種を正確に当てている様子が下の動画で確認できます。

Adamはまだまだ発展途上。商業的なリリースもまだまだ先になりそうですが、かなり可能性を秘めた存在であることは間違いなさそう。また、犬種を識別する人工知能だけではなく、Adamは他のこともできるようになると開発者たちは言います。例えば1枚の写真から食事の栄養成分を調べたり、肌の状態を正確に診断したり、野生の植物を食べられるか判断したり、はたまたアマゾンのFire Phoneのまねごとだって可能です。

IBMの「ワトソン」に始まり、Googleによる人工知能開発企業「DeepMind」の買収など、人工知能は今最も注目すべきイノヴェーションのひとつとなっています。

Eric Rydin - Gizmodo US[原文

(徳永智大)