影が作り出す絵本

光と影のストーリー。

かじわらめぐみさん、にいじまたつひこさんの作品「Motion Silhouette」は、ちょっと変わった飛び出す絵本。見開きの間に飛び出す木や電車に光をあて、ページに落ちる影で世界を作り出す非常にユニークな作りになっています。

今作では、光を動かすとことで変幻自在な影のアニメーションを楽しむ事ができます。どんどん大きくなる木や、遠くの星を目指す列車。影の落ちるページによって変化する物語、ページの上を自由に動き回る影。

幻想的な絵本の世界と同時に、光そのものにも興味が持てそうですね。「どうして影は形が変わるの?」子どもたちの、そんな質問が聞こえてきそうです。

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)