ツール・ド・フランスの迫力映像、自転車へのカメラ取り付け解禁!

2014.07.18 19:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ただ今開催中!

好きな人にとっては待ちに待った7月、ツール・ド・フランスの7月ですね。すでに日程の半分以上が消化されていますが、悪天候や大きなクラッシュなど、今年は例年以上に過酷だと言われています。また、今年は初めてライダーの自転車にカメラの取付けることが許可されました。自転車からの視点、ハンドル又はサドルに取り付けたカメラから撮影された映像は、今まで以上にツール・ド・フランスの迫力を伝えています。

今年の参加チームの中でカメラを装着したのは9つ。ほとんどのチームが使用しているカメラは、シマノのスポーツカメラCM-1000。サイズと重さ(86グラム)が選ばれた理由でしょう。とはいえ、その数グラムがライダーにとっては負担となります。ニューヨーク・タイムズ紙が報じたところによりますと、坂の多い山岳部ステージでは数人のライダーはカメラを取り外していたといいます。

以下が、自転車に装着されたカメラで撮影された映像です。



ステージ1、リーズからハロゲートまで190キロの道のり。



ステージ3、ケンブリッジからロンドンまで155キロ。



ステージ5、イーペルからアーレンベルグ・ポルト・デュ・エノーまで156キロ。


最終ステージは、7月27日のシャンゼリゼゴールまで(真の優勝争いは最終日前日だそうです)。


Kelsey Campbell-Dollaghan - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツール・ド・フランス2013 スペシャルBOX(BD2枚組) [Blu-ray]
  • 東宝
  • ティンバック2 TIMBUK2 2014 ツール・ド・フランス メッセンジャーバッグ M 限定モデル 116-4-1060
  • ティンバック2(TIMBUK2)