ヨハネの黙示録か? 真夏のビーチで突然の雹に襲われ観光客が騒然

うおぉ、ちょっとこれは笑えない…。

シベリアのノヴォシビルスクで、まるで終末映画のワンシーンさながらの事態が起きました。直前まで、人々は37度という快晴の真夏日で海水浴を楽しんでいました。そこに突如として降ってきた弾丸サイズの雹に、辺りは騒然。パニックになりながら避難してくる様子が鮮明に捉えられています。

シベリアン・タイムスによると、この動画の中では「もし死んだら…、愛してるわ」という女性の声が聴こえてくるそう。でも、そんな彼女を「大げさだ」と笑うことはできません。現場に居合わせた人は、彼女の「夫は自分の背中を雹に晒しながら小さな娘をかばっていた。彼の背中は傷だらけだった」と同紙に語っています。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(Rumi)