iPhone 6はサイズ違いで製造開始がズレる可能性:ロイター報道

iPhone 6はサイズ違いで製造開始がズレる可能性:ロイター報道 1

間に合うかな。

初の2サイズ構成になるかが注目のiPhone 6。ロイターの報道によると製造時期が4.7インチモデルは今月からになるものの、5.5インチモデル8月にずれ込むそうなんです。

今回の報道によると、iPhone 6製造を担当するのはこれまでと変わらずFoxconnになるとのこと。同社はiPhone 6のために10万人の従業員を募集、さらに1万台の組み立て用ロボットを導入する予定との情報もあります。

これによって気になってくるのがiPhone 6の発売時期。以前iPhone 6は9月初旬に発表され、同月の後半に発売が開始され、さらに4.7インチと5.5インチの両方が同時にリリースされると言われています。でも5.5インチの製造が遅れるとすれば、品薄につながる可能性が出てくるかもしれません。iPhone 5sの時もゴールドモデルは極端な品薄になりましたが、それが繰り返されないことを祈るばかりです。

source: ロイター via MacRumors

(塚本直樹)