ロシアのマレーシア航空撃墜隠ぺいをツイッターが暴露?

140721russiatweetbot.png

まだまだ真相は闇の中…。

7月17日にオランダのアムステルダムからクアラルンプールへと向かっていたマレーシア航空MH17便。がウクライナ東部を飛行中に撃墜された衝撃の事件の実行犯をめぐっては、いまだロシア製の地対空ミサイル「Buk」が用いられたという以外に確たる証拠が掴めておらず、現場でも捜査は難航している模様です。ですが、なななんとTwitter経由で興味深い指摘が出されていますよ。裏では必死の情報操作が進んでいるということなのでしょうか?

 

MH17便は、自称ドネツク人民共和国(Donetsk People's Republic)のテロリストが、ロシア連邦より受け取ったBukミサイルを使って撃墜された。

今回の撃墜事件を伝えるWikipediaの記事(ロシア語)は、もともとは上記のように書かれていたようです。しかしながら、後ほど以下のように編集を加えられた経緯も認められることが明らかにされていますよ。

MH17便は、ウクライナ側の兵士らによって撃墜された。

まさに完全なる実行犯のすり替えを伝える内容へと書き換えられたわけです。この編集を実施した人物はいったい誰なんでしょうか? 興味深いことに「Wikipediaの記事がロシア政府関連のIPアドレスから編集されたら報告するTwitterアカウント『@RuGovEdits』」でキャッチされており、VGTRK(全ロシア国営テレビラジオ放送会社)内の一ユーザによる編集であることまで暴露されています。その背景には、なんとかしてロシア側が今回の撃墜事件に関与している印象を抹消してしまいたいとの強い意図すら感じられますよね。

なお、あくまでも@RuGovEditsのTwitterアカウントからの暴露であって、政府関連の公式発表とは異なります。これまでも米国政府関係者のIPアドレスによるWikipediaの編集実態を暴いてきた「@CongressEdits」のロシア版からの指摘なだけに、わりと信頼度は高いのではないかとも言われています。ネットによる監視のパワーってスゴいものがありますよね。

source: The Telegraph via Amanda Zamora

Robert Sorokanich - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)