スピーカー生地を使用、オーディオエンジニアのためのパーカー

スピーカー生地を使用、オーディオエンジニアのためのパーカー 1

全ては音のために。

ヘッドフォン、それは音楽を聞くために欠かせないものであり、音楽文化を担うアイコンともいえる存在です。そのデザインから質まで幅広く、ファッションとしての面も持ち合わせ、誰しもが気軽に持ち運び使うことができる音楽アイテム。そして、そのヘッドフォンと相性抜群なのがパーカーです。このたびBetabrandが制作したパーカーは、オーディオエンジニアのためにmサウンドエンジニア(Nic Popeさん)がデザインした、音楽ビジネスに特化したパーカーなのです。

スピーカー生地を使用、オーディオエンジニアのためのパーカー 2

1日スタジオやステージ上で作業をすることの多いオーディオエンジニア。ステージ上で目立たないために、黒っぽい服を着てにフードをかぶることも多いといいます。フードのサイドにあたる部分には、スピーカーの前面に貼られている薄く浸透性の高い素材を採用しています。この素材は、柔軟性が非常に高く、フードの上からヘッドフォンをつけたとしても、音の振動を妨げることなく耳に伝えることができるのです。オーディオエンジニアにありがたいデザインは、フードだけではありません。アダプターや鍵、さまざまなものを持ち歩き作業できるように、ポケットだって多く作られています。

スピーカー生地を使用、オーディオエンジニアのためのパーカー 3

オーディオエンジニアのためのパーカー、クラウド資金調達プロジェクト(パーカー1枚150ドル)として進行中です。が、プロジェクト公開するやいなやあっという間に目標額に達成しました。これは、それほど需要があるという証ですよね。普段着ではなく、仕事着としてどうぞ。

source: Betabrand

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)