エンジンと話そう! ヤマハからマニアックなエンジン語翻訳アプリ

エンジンと話そう! ヤマハからマニアックなエンジン語翻訳アプリ 1

エンジン界にほにゃくこんにゃくが!

ヤマハからリリースされたばかりのアプリ「Rev Translator」は、エンジンとコミュニケーションするために開発されたアプリです。エンジンの言葉を翻訳する世界初のアプリといいますが、そりゃそうでしょう。愛車が何を思い何を語っているか、相棒の心臓とも言えるエンジンの音をきいてアプリが伝えてくれます。

エンジンと話そう! ヤマハからマニアックなエンジン語翻訳アプリ 2

使い方は簡単で、アプリを立ち上げ表示される6つのモードを選びエンジン音を聞かせるだけ。この6つのモードは、それぞれキャラが異なるので、試してみて自分の愛車に1番しっくりくるのを選ぶのが良さそう。やってみた感じだと、赤は親友という対等な感じのキャラ、個人的には悟空っぽさも感じました。ピンクは女の子キャラ、かわいいけどちょっとおませな感じもします。黄色はやんちゃっこ。

これエンジン音じゃなくてもできるかな、とアプリに向けて普通に話してみましたがダメでした。ちなみにエンジンのものまねで「ブルンっ…ブルンっ…、ドルゥゥゥンっ!」とやってみましたが不成功でした。となると、このアプリはエンジン音のものまね精度チェックにも使えますね。

アプリはiPhone版Android版どちらもあります。

source: YAMAHA

(そうこ)