再生プラスチック生まれ、ナノテク育ち。「ニンジャ・ポリマー」が世界を救う

Mugendai

140725mugendai2.jpg

「忍者」そのもにはそこまで興味がないのに、「ニンジャ・タートルズ」「ニンジャ・チューン」など、「ニンジャ」がつくとなぜか惹かれてしまいます。

そんなことはさておき、ナノテクノロジーを使った高度な医療を目指す研究「ナノメディシン」から大きな発明が発表されました。それが新しい抗菌剤「ニンジャ・ポリマー(Ninja Polymers)」。従来の医療では、細胞の中まで入り込んで完全に破壊することが難しかった真菌(水虫などの皮膚感染から命にかかわる血液感染など、多くの感染症を引き起こす)を完全に死滅に追いやることができるのです。しかも細胞を攻撃したあとに、生体内で生分解され消えてしまうというのです。

140725mugendai_nanotech.jpg

2009年〜2011年まで米国IBMアルマデン研究所で同研究に携わった、山形大学 大学院理工学研究科 機能高分子工学専攻の助教、福島和樹博士はこう話しています。

ひとことで分かりやすく説明するならニンジャ・ポリマーは抗生物質に替わるものです。従来の抗生物質の多くは、病原性を持つ細菌の細胞の中のとあるシグナルをカットしたり、毒素を出す部分だけを切除したりすることで作用していたのですが、ニンジャ・ポリマーの場合は物理的に細胞膜を破壊するんです。この作用の仕方の違いにより、耐性を生み出させない。これまでの薬剤のような感覚で使えるのですが、作用のしくみや、再生プラスチックを素材としたナノメディシンであるという点が違います。

名前だけじゃなく挙動まで「ニンジャ」感のある「ニンジャ・ポリマー」。無限大が詳しく紹介しています。コンセプトムーヴィーも是非ご覧になってみてください。

image by shutterstock

source: 無限大(mugendai)1(コンセプトムーヴィー), 2(福島博士インタヴュー)

(河原田長臣)