目指すはR2-D2?! アウディが整備士サポート対応ロボットを導入

2014.07.02 17:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


アウディでは遠隔操作型のサポートロボットをすでに米国内で導入しているそうです。

このサポートロボットは「ART(アウディ・ロボッティック・テレプレゼンス)」と呼ばれ、米国Apple Storeにて発売されているiPad用自走式ロボットスタンド「Double Telepresence Robot」と同様に、遠隔地にいる人とその場で対面しているかのようなタイプです。遠隔操作型なので、自立運動はできませんので、実際にクルマの修理をしてくれるわけではありません。

つながる先は、ディーラーの整備工場スタッフから本国ドイツのアウディ・テクニカル・アシスタンスのスタッフや技術者たちである。ディーラースタッフは修理箇所の選定や問題診断を行う際に、このサポートロボットを介してメーカースタッフに相談できる仕組みです。

サポートロボット自体が遠隔操作で動き、複数のカメラやマイク、スピーカを搭載していることによって、メカニックにもこれまで以上に的確に指示や判断が出来るようになるかもしれません。



すでにアウディは18カ所のディーラーへ設置し、今後100カ所での導入を目指しているということです。この用途を考えると、自立型の「R2-D2」というよりは、映画「サロゲート」のような未来を目標にしていそうな印象。どちらにしても、人がどんどん現場からいなくなっていく方向なのでしょうか。


source: autoblog

(okeyuhi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • imp. R2D2 バーチャルキーボード IMP-101
  • imp.
  • スターウォーズ R2-D2 USB 車載充電器 iPhon, iPad, Androido対応(並行輸入品)
  • THINKGEEK
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア