【過去記事】なんと! スティーブ・ジョブズがVAIOにMac OSを搭載することを計画していた

【過去記事】なんと! スティーブ・ジョブズがVAIOにMac OSを搭載することを計画していた 1

この記事は2014年2月7日公開のものを再掲載しています。

実現していれば夢のタッグになったかも!?

先日、ソニーによるVAIOブランドの売却が正式に発表されました。VAIOが売却され、前アップルCEOのスティーブ・ジョブズが亡くなった今となっては過去の話となってしまいますが、「スティーブ・ジョブズがVAIOにMac OSを搭載する計画を持っていた 」という驚きのストーリーが海外サイトのnobi.に掲載されました。

フリーライターの林信行さんが伝えたストーリーによると、過去にソニーの社長を務めた安藤国威氏が2001年にハワイでゴルフをプレイし、ラウンドを終えるとジョブズとアップルの重役が「Mac OSをインストールしたVAIOを抱えて」彼らを待っていたそうです。

同氏によるとジョブズはVAIOを大層気に入っていたそうで、VAIOだけには例外的に自社のMac OSを搭載して販売してほしいと考えていたようです。しかし、当時のソニーはVAIOにWindowsベースのノートPCとして最適化を完了したところで、VAIOチームのほとんどから反対されたため、このジョブズの提案が現実のものになることはありませんでした。

ジョブズが亡くなり、VAIOがソニーの手から離れた今となってはこの計画が復活する可能性は限りなく低いでしょう。しかし、もし2001年にソニーがVAIOにMac OSを搭載することを許可していれば、世の中にはMacBookとVAIO OS Xバージョンの2つのラインナップが存在していたのかもしれませんね。

source: nobi. via THE VERGEmaclalala2

(塚本直樹)