3Dプリンタで顔の骨を修復、FDAも認可したインプラント技術

2014.08.23 21:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140821fda3dprint.jpg


医療現場に新しい選択肢です。

アメリカ食品医薬品局(FDAの)はこのたびOxford Performance Materials社の3Dプリンタによる顔のインプラント技術を認可しました。この技術を使えばCTやMRIといった医療用画像から一人一人に合わせて顔の骨のインプラントを作ることができ、なんと患者の頭蓋骨を75%も入れ替えた成功例もあるそうです。

確かに事故で顔の骨が複雑に壊れてしまった場合でも3Dプリンタで作るとなれば、素早く個人にカスタマイズした手術ができるようになります。Oxford Performance Materials社CEOのScott DeFelice氏曰く、

この技術は患者のニーズと医療界の経済的問題の両方を満たすことができる、まさにパラダイムシフトです。

原理的には顔の骨だけじゃなく体の骨であれば、取り替えることができるようになるはずで、コストも低いとすると急速に普及するかもしれません。間違っても顔の骨格をまるごと変えたり、足の骨を長くしたりなんてことに使う人が出ませんように…。


image by Oxford Performance Materials
source: CNET

(ケンタロー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • パーソナル3Dプリンタ ダヴィンチ da Vinci 1.0
  • XYZprinting
  • 自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~
  • 水野 操|ソフトバンククリエイティブ
・関連メディア