グーグルが毎秒60テラビットの超高速海底ケーブルに投資、日米をつなぐ

    グーグルが毎秒60テラビットの超高速海底ケーブルに投資、日米をつなぐ 1

    YouTubeも速くなる!

    米国とアジアの間が、超高速海底ケーブルでつながります。どれくらい高速かって、60Tbpsです。毎秒60テラビット、つまり6万ギガビットってことは、それなりに速い1Gbpsの6万倍の速度でデータが流れるんです。

    ロイターによれば、その超高速ネットワークはその名もFASTER(直訳:もっと速い)。米国西海岸のロサンゼルス・サンフランシスコ・ポートランド・シアトルなどをカヴァーするハブと、日本の千葉県千倉・三重県志摩を接続します。アジアの通信会社5社(China Mobile International、China Telecom Global、Global Transit、KDDI、SingTel)とグーグルが3億ドル(約300億円)を投じて建設し、2016年第2四半期にサーヴィス開始する予定です。

    グーグルのテクニカル・インフラストラクチャ担当シニアヴァイスプレジデント、Urs Holzle氏は自身のGoogle+で次のように語っています。

    グーグルでは製品を速く信頼できるものにしたいと考えており、そのために優れたネットワークインフラが必要です。10億人以上いるAndroidユーザーにとってもGoogle Cloud Platform用プロダクトを作るデヴェロッパーにとってもそれは重要です。そしてときには、最速の道を作るために海を渡る必要もあります。そこで我々は、米国西海岸の主要都市と日本の沿岸部2ヵ所を結ぶ、容量60Tbps(ケーブルモデムの約100万倍の速度)(訳注:米国ではまだ50Mbpsが一般的)の新海底ケーブルFASTERに投資します。これまで投資した2008年のUNITYや2011年のSJC(South‐East Asia Japan Cable)とともに、FASTERはアジアにいる我々のユーザーにとって、インターネットをより速くより信頼できるものにしていきます。

    海底ケーブルは普段あまり意識されていませんが、じつは150年前から電報や電話用に使われていて、その敷設方法は当時からあまり変わっていませんこちらではそんな海底ケーブルマップも見られますよ。

    source: Reuters

    Pranav Dixit - Gizmodo US[原文

    (miho)