映画製作決定! ピクサー出身アニメーター作の短編アニメ 「Henchmen」

短編アニメから長編映画へ。

元ピクサーのアニメーターAdam Woodが制作した短編アニメ「Henchmen」。世界中で話題となり、このたび映画化が決定しました。制作に名乗りを挙げているのは、「アンカーマン」で知られるアダム・マッケイ氏とウィル・フェレル氏。2016年の公開を予定しています。

作品の舞台はSupervillain Cityという街。主人公は、悪者ばかりを展示した博物館で働く夢見がちな用務員。夜な夜な博物館を見回ってあれこれ想像しているうちに、ちょっとしたアクシデントから展示されていた制御不能で超強いボディスーツの中に入ってしまいます。さて、ヒーローでもなんでもない主人公は、自分でコントロールできないスーパースーツを着て何をしでかすのでしょうか? 映画では子どもや愛する女性を助けるなど、ヒーローならではの活躍も考えられているようです。

本作品の見どころは、手で色付けたような独特のタッチ。2Dと3Dを上手く癒合させたアニメーションは、ピクサーの完璧な3Dレンダリングとは違った味をみせるのではないでしょうか。

source: Deadline

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)