サファイアガラスはiPhone 6のハイエンド機だけに搭載する? - WSJ報道

140815niphone6s.jpg
※ 写真はイメージです。

値段が気になりますね。

いよいよ9月中にも正式に発表されそうな、iPhone 6。同端末には硬くて傷つきにくいサファイアガラスの採用がされていますが、ウォール・ストリート・ジャーナルによると、サファイアガラスはiPhone 6のハイエンドモデルにのみ採用されると報じています。

また、報道によるとこれらのハイエンドモデルはより高額な価格設定になるそうなんです。その理由はサファイアガラスの部品価格が上昇したためとされており、このガラスの搭載がコスト面で色々マイナスに働いていることがうかがえます。

iPhone 6のハイエンドモデルがどのように定義されるのかは良くわかっていません。噂では大型の5.5インチモデルがそのハイエンドモデルとも言われていますがどうなのでしょうか。

ちなみに、iPhone 5sのSIMロックフリーモデルで一番高額な64GBモデルは849ドル(約8万7,000円)で販売されています。もし今回の情報が正しければ、iPhone 6の大容量モデルは900ドル以上、あるいはもしかすると1,000ドルくらいするかもしれませんね。

source: Wall Street Journal via MacRumors

(塚本直樹)