アップル、来年初頭に12.9インチ型の巨大iPadを発表?

アップル、来年初頭に12.9インチ型の巨大iPadを発表? 1

iPhoneに続きiPadも大きくなるの?

2007年のiPhoneの登場以来、アップル製品のスクリーンは全てが統一されたものでした。それが今変わろうとしています。Bloombergは、「アップルが2015年上半期に向けて、12.9インチのiPadを企画中という情報を匿名のソースから入手した」と報じました。

9.7インチのiPad Airから比べると大幅なサイズアップ。これは伸び悩んでいるiPadの売り上げに対する策ではないか、と見られています。

今までのiPadを考えると、大きいと感じてしまうのですが、他社製のものを見ると大きすぎるわけでもなさそうです。サムスンが今年の2月に発表したGalaxy Note Proは少し小さい12.2インチ。その他にもこのサイズのタブレットはたくさんあります。

昨年WSJでは、アップルがさまざまな大型紙クリーンを使用していると報じていました。その製品のうちの1つが今回の12.9インチ型iPadであるとされています。ブルームバーグにWSJ、複数の報道を見ると、なんだか「匿名の情報源」の信ぴょう性が高いように思えます。

アップルは、9月に発表されると言われているiPhone 6でも今までよりも大きなディスプレイを導入するともっぱらの噂です。どうやら2014年末から2015年の頭にかけて、既存の路線を捨て去り、新しいコンセプトのスクリーンで勝負するようですね。

source: Bloomberg

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(Tomo)