DIYカメラ「Konstruktor」がフラッシュ対応になったよ

DIYカメラ「Konstruktor」がフラッシュ対応になったよ 1

カメラも写真もドリーミー。

ロモグラフィより発売されているDIYカメラKonstruktorのグレードアップバージョンKonstruktor Fが発売されましたよ。フラッシュ撮影が可能になるPCソケットが追加され、Fritz the Blitzなどのホットシューフラッシュが取り付けられるようになりました。

DIYカメラ「Konstruktor」がフラッシュ対応になったよ 2

DIYカメラ「Konstruktor」がフラッシュ対応になったよ 3

フラッシュがバンドルされたセットでは、Fritz the Blitzフラッシュや、ロモグラフィのカメラの中でも人気の高いDiana F+ シリーズの四角形フラッシュ、12色のカラフルな色を加えられる円筒状のColorsplash フラッシュから選べるようです。自分流のデコレーションを施したDIYカメラに大きなアクセサリが付いたら、いままで以上に個性的なカメラになりそうですね。

DIYカメラ「Konstruktor」がフラッシュ対応になったよ 4

またフラッシュアクセサリーキットを装着すると、お気に入りのフラッシュを装着することもできるようです。カスタマイズが捗りますな。

PCソケットが追加されたKonstruktor Fは4,093円から。夏休み最後の工作に、DIYカメラ。いいかもしれません。

source: Lomography

(今野愛菜)